水まわり、外壁、修繕に関する事なら可児設備に全てお任せください!

0120-24-2305

来店予約

無料見積り・お問い合わせ

社長の工事日誌

沖永良部②

2013.05.05.01.JPG

朝食はおばあちゃんが作った沖永良部料理。こういう素朴な朝食がたまりません。

 

2013.05.05.02.JPG

フーチャ(潮吹き洞窟)へ。沖永良部島はさんご礁でできてるのですごい迫力です。

 

2013.05.05.03.JPG

海がめの産卵地としても有名なので、たくさんの海がめが見れました。

 

2013.05.05.04.JPG

沖永良部は花の島とも言われています。きれいな花の前でおばあちゃんを囲んだ古村家がパチリ。

 

2013.05.05.05.jpg

お昼は回転すし雅へ。エンガワがびっくりするくらいおいしかったです。

 

2013.05.05.06.JPG

釣りも楽しかった!

 

2013.05.05.07.JPG

日本一大きなガジュマルの木。この木には良い子にしか見えないキジムナーと言う妖精がいるそうです。息子にもきっと見えたと思います(笑)

 

2013.05.05.08.JPG

息子が始めて入った海は沖永良部島の海になりました。

 

2013.05.05.09.JPG

本当にのんびりできた旅でした。

沖永良部島は平均温度が22度ととても温暖です。冬はそれほど寒くなく、夏も34度ぐらいまでしか上がりません。

仕事をリタイアした方が温暖な気候がいいということで名古屋から移り住んでみえました。

 

2013.05.05.10.jpg

ちょうど親戚が子供を出産したので徳州会病院へ。こんな小さな島にもりっぱな病院があるとびっくりしました。

徳州会病院の創業者徳田虎雄氏は沖永良部島のすぐ隣の徳之島の出身。小さい頃なんでもない病気で弟を亡くし、こんな不平等はないと田舎にも平等な医療が受けられるようにと、日本一の徳州会グループを作りました。

医師会からは反発も多いですが、救われた命もたくさんあるでしょうね。

 

 

 

沖永良部旅行①

2013.05.04.01.JPG

ゴールデンウィークにおばあちゃんの住む沖永良部島に行ってきました。沖永良部は人口約15000人の沖縄に近い鹿児島の小さな離島です。飛行機の中からパチリ。

 

2013.05.04.02.JPG

息子の一希をおばあちゃんに見せに行きました。

 

2013.05.04.03.JPG

沖永良部島は西鄕隆盛公が島流しになった島です。西郷南州記念館へ。

 

2013.05.04.04.JPG

中には西郷隆盛公の島流しの命令書や

 

2013.05.04.05.JPG

直筆の書物がありました。

 

2013.05.04.06.JPG

西郷隆盛公が生活が生活していた牢屋。この中で座禅・瞑想にふけっていたそうです。

 

2013.05.04.07.jpg

中にはかっぷくのいい西郷隆盛公ではなく、がりがりの西郷隆盛公の銅像があります。この約1年半の生活の中で、日本の儒学の祖佐藤一斎先生の本をひたすら読んだそうです。

 

2013.05.04.08.JPG

西郷隆盛公上陸之地、記念碑

 

2013.05.04.09.JPG

南洲神社の境内

 

2013.05.04.10.JPG

夜は海幸にて沖永良部の郷土料理を。

 

2013.05.04.11.JPG

みんなで楽しく食事しました。

 

2013.05.04.12.JPG

沖永良部島はサトウキビが名物。やはり黒糖焼酎がおいしいです!

 

2013.05.04.13.JPG

さんご礁でできた島なので箸置きもさんご礁です。

 

 

 

 

続きを読む

お問い合わせ

2013年5月
« 4月   6月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

可児オペラグルッポ

グルメ情報

アーカイブ

Copyright (C) 有限会社 可児設備. All Rights Reserved. Created by Co., Ltd アババイ.