水まわり、外壁、修繕に関する事なら可児設備に全てお任せください!

0120-24-2305

来店予約

無料見積り・お問い合わせ

社長の工事日誌

強運経営者旅行

顧問税理士の曽根康正先生が主催する強運経営者塾のメンバーで新潟県長岡市に行ってきました。

 

今回の目的は長岡市出身の河井継之助記念館と山本五十六記念館へ行くため。

 

2012.07.16.01.jpg

お昼は新潟名物皇室にも献上されたへぎそばを食べに小嶋屋へ。

 

 

2012.07.16.02.jpg

初めて食べましたが海藻を混ぜたへぎそばは透明感があってものすごくおいしかったです!

 

2012.07.16.03.jpg

さすがに新潟だけあって地酒がおいしい!!

 

2012.07.16.04.JPG

大東亜戦争の時の元帥である山本五十六記念館へ。

 

2012.07.16.05.JPG

そして司馬遼太郎さんの著書「峠」で有名になった河井継之助記念館へ。

 

 

2012.07.16.06.jpg

 夕食は三条南倫理法人会の吉川会長と西山専任幹事のお計らいで、新潟のおいしい海鮮料理を。

 

2012.07.16.10.jpg

バスの中で河井継之助クイズで一位をとったので表彰していただきました!

 

 

2012.07.16.07.jpg

次の日はモーニングセミナー出席者数日本一を毎年達成している三条南倫理法人会に参加。やはり朝から元気が大切!

 

2012.07.16.08.JPG

帰りは長野の善光寺へ。特にお戒壇巡りはすごかった。自分の手も見れないような暗闇の中で極楽の錠前をつかんできました。

 

 

2012.07.16.09.jpg

お昼は裾花峡天然温泉宿うるおい館へ。琥珀のの露天風呂が気持ちよかった!

 

今回の旅行でなぜ長岡市に河井継之助と山本五十六という優秀な人材が出てきたのか分かりました。

 

義にあつい河井継之助は敵に取られるくらいならと長岡を焼きました。

 

食べるものに困った長岡藩を救おうと、支藩三根山藩から百俵の米が送られました。

 

しかし藩士小林虎三朗はこれを分け与えず、売って学校を作ったのです。

 

米百俵は食べれば無くなりますが、教育をし優秀な人材を育てれば、何倍もの米となり返ってきます。

 

ですから山本五十六のような優秀な人材もこの地方から生まれました。

 

これが小泉元首相も国会で語った米百票の精神の教育です。

 

やはり教育が一番リターンの高い投資だと再確認できました。

 

バスの中では「男たちの大和」や「山本五十六」のDVDを見て、かなり右向きの旅行だっため帰ってきたら敬礼したくなるほどでしたが、とても楽しい旅行でした。

 

 

 

 

 

 

 

PAL研究会

PAL研究会のモーニングセミナーに参加してきました。

 

講師はブレイングループ長谷川嘉哉先生でした。

 

銀行は晴れの日に傘を貸して、雨の日には傘を貸さない。それは当たり前。

 

ずぶぬれの人に傘を貸しても遅い。だから晴れの日に準備が必要。

 

なるほど!いい言葉を頂きました。

 

弊社は無借金経営なので僕は借金の苦労をしたことがありません。

 

ただ僕の周りは資金繰りで苦労している方がたくさんみえます。

 

また借金が返せなくて自殺した経営者も知ってます。

 

だからこそ借金がない時にしっかり準備していこうと思います。

 

苦しくなると誰も助けてくれません。

 

10年前父が亡くなって急に会社を継いだ時は誰も助けてくれませんでした。そして誰もかもが弊社から離れていきました。

 

だから常に最悪の状況の準備が必要と言うのは経験から分かります。

 

村上春樹さんの本にも「人は経験からしか学べない」と書いてあります。

 

 

続きを読む

社長のためのマーケティング力要請講座

東京でエリエス・ブック・コンサルティング様の社長のためのマーケティング力要請講座を受けてきました。

 

1日の長いセミナーでしたが、はやりこれからはマーケティング力が必要と思い、行って来ました。

 

父が亡くなった時、仕事は無くなり、社員とはうまく行かず、そして母は父の闘病生活でうつ病になった。

 

途方にくれてた時、税理士が中小企業家同友会のセミナーのチラシをくれた。

 

可児市矢戸に住む、カレーハウスcoco壱番屋の創業者宗次徳二さんの奥様直美さんの講演のチラシだった。

 

藁をつかむように聞きに行くとそれはすばらしい講演だった。

 

そして中小企業家同友会に参加することを決め、セミナーに出まくった。

 

仕事を終えた後、勉強しようとセミナーに参加する経営者はほんとに前向きな人が多く、とても刺激を受けた。

 

そんな中、同友会のメンバーの桜井食品の社長から、どぶに捨てるつもりでギアリンクスに出資してほしいと言われた。

 

とても公共性が高かったので出資した。そして株主総会でコアラ社長と出会った。

 

コアラ社長は初対面の僕を見てなぜか気が合うと思ったそうで、PAL研究会に誘ってもらった。

 

多治見の士業が中心となって勉強をする組織だった。

 

税理士、弁護士、司法書士、社会労務士から色々なことを学んだ。

 

でも一所懸命勉強し仕事をすればするほど、だんだんと岐阜での勉強が飽きてきた。名古屋に行きたくなった。

 

そんな時、PAL研究会に講師として来ていたランチェスター経営の河辺さんと出会った。

 

河辺さんはランチェスター経営実践会を立ち上げると言われた。

 

そして僕は名古屋で毎月河辺さんのセミナーに参加することにした。

 

参加者の中には1代で400人の従業員を持つ会社を立ち上げた経営者、リーマンショックでも85人中1人しか派遣切りにあわなかった派遣会社の社長、たった3万円の経費で1300万円売り上げたチラシ作り名人の今井君、創業80年酒蔵5代目女当主の林里榮子ママとそれはすごい人に出会った。

 

でもがんばって勉強するとそこに慣れて、ぬるま湯につかる自分がいた。

 

そんな時にこの人はすごいと河辺さんに言わしめた人がいた。

 

それが本日のセミナーの講師、アマゾンの立ち上げメンバーであり、元アマゾンのカリスマバイヤー土井英司さんだった。しかも僕と同じ年齢。

 

土井さんのセミナーが名古屋であると毎回行っていたけど、やはり東京でしっかり勉強したかった。

 

ある先輩経営者が「前向きな人は必要な時に必要な人に出会う」と言った。

 

なるほど!その通りかもしれない!

 

ある先輩経営者が「情報量と距離は比例する。だから都会へ行け」と言った。

 

なるほど!その通りかもしれない!

 

いつも一緒の所にいるとそこに慣れてくる。居心地が良くなる。

 

しかし残念ながらそこに成長はなくなる。

 

新しいところ、自分より優秀な人の所に行くととてもストレスを感じる。

 

でもそこに慣れようとする意思が人を成長させるのだろう。

 

だから東京で勉強しようと思った。

 

本日のセミナーはとても高価だったけど、そのお金を貯金するよりはリターンが良いだろう。

 

一番いい投資はやはり教育だ。

 

今の日本の急激な衰退は政府の教育へのミスリードも大きいだろう。

 

だから自分の人生に正当に投資できる人が、生き残って行く。

 

 

 

 

 

続きを読む

あたりまえの詩

昨日セミナーの講師の三承工業(株)西岡徹人社長から教えていただきました。

http://mixi.jp/show_friend.pl?id=7457626

 

あたりまえの詩

 

あたりまえ こんなすばらしいことを

みんななぜ喜ばないのでしょう

あたりまえであることを

お父さんがいるお母さんがいる

手が二本あって足が二本ある

行きたいとろへ自分で行ける 音が聞こえて

手をのばせばなんでもとれる 声が出る

こんなしあわせはあるのでしょうか

しかし 誰もそれを喜ばない

あたりまえだと笑ってすます

 

ご飯が食べられる

夜になるとちゃんと眠れる

そして また朝が来る

空気を胸いっぱいすえる

笑える・泣ける・叫ぶこともできる・走りまわれる

みんなあたりまえのこと こんなすばらしいことを

みんなは決して喜ばない

そのありがたさを知っているのは

それをなくした人たちだけ

なぜでしょう?

 

あたりまえ。

 

僕を知ってる方は分かると思いますが、僕はヒューマンスキルがものすごく低いです。

 

団体行動はきらい、きらいな人とは付き合わない、嫌なことはしないとかなりわがままに生きてますので、こういうことは大切だなぁと思いました。

 

8年程前、父を亡くして会社を継いだときはそりゃ悲惨でした。

 

仕事はさっぱり分からない、仕事は激減する、社員とはうまく行かない、母は父の闘病に疲れてうつ病になる。

 

その頃と比べれば今は夢のように幸せです。

 

おかげでちっとも落ち込まなくなりましたし。

 

でも生きていれば、こんな僕のような人間にも嫌なことはありますよ。

 

もっともっと自分の能力を磨いて、わがままに生きないと。

続きを読む

鹿児島出張

土曜日曜と鹿児島へ出張してきました。

 

2010.05.17.01.JPG

高齢化社会が急速に進む日本で、九州は特に過疎の進んだ町です。

 

その中で業績を伸ばしてる会社にヒントがあると思い行ってきました。

 

2010.05.17.02.jpg

まずはセブンプラザへ。

 

この会社は大型量販店にやられ、元気のない昔ながらの家電屋さん(パパママショップ)を加盟させ、すぐに黒字に転換させ、急速に業績を伸ばしてる会社です。

 

2010.05.17.03.jpg

山口貞利社長に1時間半ほど講演していただきましたが、今まで僕が勉強してきたことを当たり前のように続けてみえました。

 

地域密着経営は時間はかかるけど、その分根強いです。僕がやってきたことは間違いないと確信しました。

 

2010.05.17.04.jpg

その後フェリーへ乗りました。桜島がきれいです。

 

2010.05.17.05.jpg

超大型スーパーA-Zへ。ここは平屋のワンフロアにAからZまで何でもあります。スーパーとホームセンターが合わさったようなお店です。

 

取扱品目は多岐にわたり、生鮮食料品から日用雑貨、大工道具、自動車販売、セルフ式ガソリンスタンド、車検まで取り扱っており、取り扱い品目は30万点以上にも及びます。

 

2010.05.17.06.jpg

醤油の種類は100種類以上。

 

2010.05.17.07.jpg

車も売ってます。なんと骨つぼまで売ってました。

 

土地の安い鹿児島だからこそ1階だけの平屋でこれだけのスペースのお店が出来る。

 

年よりは2階までなかなか上がっていかない、だからワンフロアで店を作る。

 

ここにくれば何でもあるという安心感を売る。唖然とするほど大きなお店でした。しかも安い。

 

2010.05.17.08.jpg

夜はホテルの砂風呂に入りました。熱くて重い。10分しかもたなかった。

 

2010.05.17.09.jpg

その後は宴会です。口蹄疫が流行してたので豚肉は避けましたが、海の幸はおいしかった。

 

2010.05.17.10.jpg

ホテルからの景色は素敵でした。

 

2010.05.17.11.jpg

次の日は知覧市の特攻平和記念館へ。ここへ来たのは2度目ですが、何度来ても泣けます。

 

高倉健さん主演のホタルという映画知ってますか?

 

この映画は実話を元に作られたのですが、特攻隊員が明日飛び立つ時に、お世話してくれた山本富子さんに僕はホタルになって帰ってきますと言い残したそうです。

 

6月だったのですが、季節外れのホタルがほんとに飛んできたそうです。

 

上の人が判断を間違えたから二十歳そこそこのたくさんの若い命が亡くなりました。

 

リーダーは強い意志を持って学び続けなくてはいけませんね。

 

2010.05.17.12.jpg

その後焼酎の酒蔵さつま無双へ。

 

2010.05.17.13.jpg

さすが本場だけあっておいしそうな焼酎がいっぱい。しかも安い。

 

お土産はさつまあげ、かるかん、かすたどん、もちろん鹿児島限定の焼酎も。

 

今回はみんなで11人のメンバーで行きました。みんな優秀で前向きでがんばっている人ばかりです。

 

今回はわざわざ鹿児島まで行って一次情報を手に入れました。

 

ネットの広がりで多くの情報が氾濫する中、自分で行動して一次情報を手に入れ、情報を選んでいくことがとても大切になってきます。

 

ブログは自分で得た経験を一度自分のフィルターを通して書くと言う二次情報です。

 

ちなみにtwitterは情報をその場で流すので一次情報。だから流行してるのでしょうね。

 

ですから自ら経験するということはこれからますます必要になってくると思います。

 

続きを読む

お問い合わせ

2018年12月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

可児オペラグルッポ

グルメ情報

アーカイブ

Copyright (C) 有限会社 可児設備. All Rights Reserved. Created by Co., Ltd アババイ.